もしも

写真の歴史、必然や偶然。
それは偉大な先人の探求と好奇心によって生み出された
宝石の数々でもあります。

歴史に「もしも」ということはなくて
ほんのちいさなきっかけが、その後の流れを
天地創造なくらい大きく変えることもあり、
それはもう運命とは、何がどこに転がっているか
分からないのでした。

 
発明家トーマス・エジソンの言葉に
「天才は1%のひらめきと、99%の努力である」
という有名な言葉があります。

この名言は「成功するには、やっぱり努力でしょ」
という解釈で広まっていますが、じつは本当はもともと
「1%のひらめきが無ければ、99%の努力は無駄である」
という意味だったのだそうです。

エジソン先生…けっこうシビアです。くすん

彼の後年の発言に「この言葉は、記者が大衆受けを狙ったのか、勝手に努力の美徳を強調するニュアンスで発表してしまった」とあります。
 
 
歴史に「もしも」は無いけれど、「都合のいい解釈」
というのはあるかもしれませんね。
他人の話や、記録に残っている「歴史」と
「真実」が同じであるとは限らない。

そんなことを考えさせられた、一年間でした。
 

tomorrow « 2007. 12.21 from days » yesterday top